ひろぽんの小石川日乗 2015〜

還暦を迎えたおじさんが、日々の喜怒哀楽をつづるブログ

ハノイ紀行06 ホアンキエム湖

 路上でご飯を食べる人たちに歩道が塞がれ歩きにくいし、車道にはみ出ようもなら、たちまちバイクの往来に閉口する、ハノイ・ダウンタウンの街歩きはけっこう大変な修業である。それでもときおりホッと気持ちが救われるのは、街中にいくつか湖があるからだ。


 その多くがホン河(紅河)の浸食でできた三日月湖だが、湖というには小さく、池と呼んだほうがいい。なかでも、市街のど真ん中にあるホアンキエム湖は有名だ。周辺に高級ホテルや水上人形劇場などの観光スポットが多く、旧市街探索の出発点にもなるからだ。同時にここは、恋人や家族連れがくつろぎ、体操したりジョギングしたりする、ハノイ市民の憩いの場でもある。周辺歩道はきれいに整備されていて、大きさや形がなんとなく上野の不忍池に似ていて、不忍池散歩の習慣がある私にはたいそう親しみ深かった。



Untitled

▲恋人たちはダテに湖畔に立っているのではない。これは、ホワンキエム湖に限らず、街中の美しいスポットでよく見かける、結婚記念写真集撮影の一コマ。



Untitled

▲夕暮れともなれば、イルミネーションが美しく点灯する。



Untitled

▲もう一つホワンキエム湖でよく見かけるのは、学生たちが英会話の練習なのか、国際文化交流なのか、欧米からの観光客をつかまえて話しかける様子。日本人観光客には目もくれてくれなかったけど。



Untitled

▲夕暮れの湖畔で唐突に上半身ハダカになったおじさん。泳ぎ出すのではと興味津々だったが、ずっと体操をしていただけだった。



Untitled

▲こちらは体操に興じるオバサン軍団。気功や太極拳よりはもうちょっとリズミカルな動き。

[ 2015/11/14 12:38 ] travels | TB(-) | CM(0)

ハノイ紀行05 マー・マイ87番の家

 ハノイ36通りの一つ「マーマイ通り Ma May St.」は、カフェバーやミニホテル、バックパッカー向け旅行事務所などがあるにぎやかな通りだが、その一角に、19世紀後半の中国風のたたずまいを残す伝統的な町屋「マー・マイ87番の家」が保存されている。部屋のつくりや壁の色づかい、調度品などに、私は2008年に訪れたマレーシア・マラッカの旧家を思い出した。

 中国から渡ってきた華僑が現地の文化と溶け込んで織りなす混淆の美がそこにはあった。蒸し暑いハノイで、ここだけは涼風が流れ、時が静かに漂う。課外学習に訪れた現地の中学生の一団がいて、その一人がデジタルのビデオカメラで家をくまなく撮影していたのは、今風だ。

Untitled

Untitled



Untitled



Untitled



Untitled

[ 2015/11/14 04:04 ] travels | TB(-) | CM(0)

ハノイ紀行04 旧市街で出会ったプエルトリカン

Untitled

 ハノイ36通りを歩いていると、ツーリストに英語で呼び止められた。俺たちの写真を撮ってくれ、と。彼らのカメラで撮ったあと、私のカメラで。聞けば、プエルトリコからの旅行者だという。まだ若く、恋人か新婚ホヤホヤな感じ。笑顔が素敵だ。


 ハノイのツーリズム産業は近年急速に発展していて、TripAdvisorなどの世界的観光サイトでは、特にバックパッカーや個人旅行者にとって、安く楽しく滞在できる、コストパフォーマンスの高い街としてつねに高位にランキングされている。実際、欧米系の個人旅行者やツアー客は多かった。


 私たちが滞在したホテル「 Golden Legend Diamond Hotel Hanoi」については後ほど詳しく紹介するが、チェックアウトの時に女性マネージャーがアンケートを依頼してきて、「後日、Booking.com からもメールでアンケートの依頼があると思うが、よしなに計らって欲しい」と頼まれた(予約を、Booking.comでしたため)。なんでも「excellent」「good」「bad」 などいくつかのランク評価があるなかで、「中庸的」に「good」で評価すると、それでは全体の平均評価が下がってしまうのだという。それでも「excellent」とは言いかねる部分もあったので(後述)、私としてはマネージャーが期待する「オール・エクセレント」というわけにはいかないのだが、こうしたネット評価を過度に重視する程度には、ハノイのツーリズム産業は「世界化」されているのだと思う。


 このあたりは、もしかして日本よりも敏感じゃないかという気がした。

[ 2015/11/14 01:44 ] travels | TB(-) | CM(0)

ハノイ紀行03 ドンスアン市場とその周辺

 旧市街の北、ロンビエン駅の方向にハノイ中心部では最大の市場「ドンスアン市場 Chợ Đồng Xuân」がある。売られているのは安い日用雑貨や業務用と思しき食品などで、観光土産としてはいまいちだが、色彩の喧噪を楽しむだけでもいいかと思って立ち寄った。

 いわゆる市場の「場外」にも、豆やら乾物やら果物やら、ハノイ名産のタニシやらを並べる業者がわんさかいる。早朝からの物売りに疲れて昼寝する人もいる。

 ここが古いタイプのマーケットだとすれば、もう一つ最新型のスーパーマーケットを私たちは旅の終わりに目にして、あらためて仰天することになるのだが、その話はまた後日。



Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

 ちなみにハノイの記事に使う写真は、原則としてflickrにアップしているので、全部の写真を一覧したいときはそちらへどうぞ。

[ 2015/11/14 01:17 ] travels | TB(-) | CM(0)
profile

thinmustache(a.k.a. hiropon)

Author: thinmustache(a.k.a. hiropon)
よしなしごとを書き散らかしております。

administrator area
search form
calendar
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
categories
カテゴリー
全記事一覧
unknown 9
books 21
music 4
foods 49
movies 21
memo 12
politics 37
travels 22
issues 18
sports 15
twitter 99
mac 7
photos 8
sampo 9
culture 5